どうやら

どうやら、ちょっと流れが変わって来た感があります。

このブログの更新も、毎日からペースを落とし
違うところへパワーをかけて行きたいと思います。

気ままに更新して行きますので、
今後とも、気長によろしくお願いいたします。

どうやら

文化の違い

時間が経つの早いもので、
もう大阪に引っ越してきて2年半になります。

前の記事「大阪のおばちゃん」に続き、
東西文化の違いを書いてみたいと思います。

100円の自販機の数。
関東では滅多に見かけませんが、
関西ではゴロゴロあります。

バイクの有料駐輪場。
関東ではありません。
関西では、自転車の駐輪場も細かく有料になっています。
さらにバイク専用の有料駐輪場も準備されています。

フリマの有料制。
関西ではガレージセールという名前ですが。
フリマで出店するのに有料はわかりますが、
お客としてフリマを見学するにも有料でお金がかかります。

電車。
関西はグリーン車がありません。
JRの場合、普通、快速、新快速と分かれており、
未だに、どれがどの駅に停まるのか把握できていません。

チャリの傘。
自転車に傘が開いて取り付けられるよう
専用の治具があります。
関東では見かけません。

細かく突っ込めば、まだ色々とあります。
面白いですね。

文化の違い

大阪のおばちゃん

先日、阪急電車に乗っていた時、
シートのちょっとした隙間に
「ゴメンね」と言いながら
割り込み座るおばちゃんがいました。

そして、隣の若い兄ちゃんに
「ありがとうね」と言いながら、
さらに「私ね、92歳だから。。。。」と
話しかける。

兄ちゃん、
「へ〜、そうですかー!」
と驚きのリアクションをする。

兄ちゃん、下車しました。

シートの反対側に新しい兄ちゃんが座りました。

そのおばちゃん、新しい兄ちゃんの
腕のあたりの服を引っ張り、
「私ね、92歳なの。。。」と
話しかける。

兄ちゃん、
「すごいですね〜!」って、
また驚きの反応をする。

このおばちゃん、
単に自分の年令を自慢したいだけ
ということが判明しましたが、

このような形で誰でも彼でも
人懐っこく話しかける姿は
やはり、関西ならではと思いました。

関東では見かけないですねぇ。

明らからに、関東と関西で文化が異なります。
面白いですね。

大阪のおばちゃん