何が足りないのか?

久々の投稿となります。

さて、多くの人は自分自身に対して、
能力が足りない、時間が足りない、お金が足りない等と、
常に足りないことを考えているのではないでしょうか?

でも、本当にそうなのでしょうか?

例えば、あなたの身体、
もし5億円あげるから、あなたの両腕を売ってくれませんか?
と問われたら、あなたは売りますか?

両腕を失ったら、
生活するのは相当大変なものとなるのではないでしょうか。

そういう意味も含めて、
たぶん、あなたは両腕は売らないと思います。

これは言い換えると、
あなたの両腕は5億円以上の価値を持っている
ということになります。

さらに身体全体で考えると、
値段は付けられないくらいの価値を持っている
ということですよね。

そんな高価なものを持っているのに、
何が不足なんでしょうか?

本当は無条件に全て揃っているはずなのに、
思考の世界で多くの人と比較を行い、
自分はまだまだ足りないと思い込んでいるのではないでしょうか。

存在していること自体が奇跡であり、重要なことなはずです。

周りと比較する必要はありません。

自分はそのままの自分自身で充分です。

自分自身の、そのままの存在を認めてあげましょう。

そして、今世生きているこの人間の身体、
これは借り物です。

生まれてから、一瞬足りとも休まず働いてくれている
自分自身の身体に、ありがとうと感謝しましょう。

自分の身体を労ってあげましょう。

もっともっと自分自身を大切にしてあげないといけません。

何が足りないのか?

春先は怒りが

春先は寒暖の差が激しい上、
免疫力も下がる時期なので風邪をひきやすいです。

その要因として、春の風。

実はその風が無意識に
怒りの感情を湧き起こしているのです。

街を歩いていると、目に見えないですが、
風が顔に当たります。

風が頬にあたり、軽くビンタされているのと
同様の刺激を受けていることになります。

その結果、無意識に怒りの感情が湧き起こり
肝臓に悪影響を及ぼして免疫力を下げています。

強い風が顔に当たると、嫌ですから、
どうしても眉間にシワを寄せてしまいます。

その結果、眼にも力が入り、
眼の疲れ、視力的かを引き起こします。

肝臓と眼は繋がっていますね。

かくいう私も、昨日の夕方から急激に冷え込んで、
ちょっと風邪気味。

今日は大人しくしています。。。

春先には怒りが

[肝臓] ブログ村キーワード

生まれ変わり

生まれ変わりという言葉を聞いて、
あなたは何を想像しますか?

人が死に、魂に戻って、
再び別の人に生まれ変わる。

これも充分考えられます。

今回言いたいのは、生きている人間でも、
日々生まれ変わっているということです。

これは、DNA研究の村上和雄教授も言っています。

細胞は生まれ変わるために死んでいく。

何年ぶりかに友人に会ったら、
「久しぶり」と挨拶をするが、
実は身体は全て新しい細胞に入れ替わっている、
つまり身体自体が生まれ変わっているのと
同じ状況である。

さてこの細胞の生まれ変わりですが、
人間の身体全てで統一ではなく、
場所により周期が異なります。

最短は胃や腸で2日〜5日周期、
筋肉や肝臓は60日周期、
やはり一番長いのが骨で90日周期、
という感じです。

骨と言っても、
90日で身体の全ての骨が生まれ変わる訳ではなく、
少しずつ生まれ変わっています。

全てが生まれ変わるのが、
2年半から3年程度のようです。
年齢などにより時間は変わります。

さてここで大事なのは、
食べ物が身体を作っているということですね。

ここを忘れてはいけません。

生まれ変わり