全ては自分


目の前に起こる出来事は何も意味がなく、自分の受け取り方の問題である。

相手が変わっても同じような出来事が起こる場合は、自分が原因である。

ということを書いて来ました。

つまり、自分周りに起こる出来事は、全て自分が創り出しているということになります。

引き寄せの法則で言われている通り、自分が出来事を引き寄せているのと同じです。

自分がネガティブな感情を捨て、
波動を上げていけば自然と良い出来事が起こるようになります。

「自分のハートは庭」でも書きましたが、ネガティブな種は小さいうちに摘む。

湧き起こってくる感情は、誰のものでもなく自分のものです。

自分で今まで封印していたものが出て来たのです。

感情を無かったことにしてはいけません。

そして、感情から逃げてはいけません。

例えば、孤独感が湧いてきて寂しいと思った時、
友達を誘ってカラオケへ行って寂しさを紛らわせてはいけないのです。

怒りの感情が湧き上がった時、怒りをそのまま相手にぶつけてはいけないのです。

その感情を無視したり、相手のせいにしたりしてはいけません。

感情は自分の中から出て来たものです。

しっかりと感じて味わう必要があります。

孤独感で寂しい時は、あえて1人になり、その寂しい感情をたっぷり味わいます。

怒りの感情も同様に、自分1人で味わうのです。

続きます。

全ては自分

[孤独感] ブログ村キーワード

コメントを残す