春先は怒りが


春先は寒暖の差が激しい上、
免疫力も下がる時期なので風邪をひきやすいです。

その要因として、春の風。

実はその風が無意識に
怒りの感情を湧き起こしているのです。

街を歩いていると、目に見えないですが、
風が顔に当たります。

風が頬にあたり、軽くビンタされているのと
同様の刺激を受けていることになります。

その結果、無意識に怒りの感情が湧き起こり
肝臓に悪影響を及ぼして免疫力を下げています。

強い風が顔に当たると、嫌ですから、
どうしても眉間にシワを寄せてしまいます。

その結果、眼にも力が入り、
眼の疲れ、視力的かを引き起こします。

肝臓と眼は繋がっていますね。

かくいう私も、昨日の夕方から急激に冷え込んで、
ちょっと風邪気味。

今日は大人しくしています。。。

春先には怒りが

[肝臓] ブログ村キーワード

コメントを残す