脳にいいことだけをやりなさい


近所のブックオフへ立ち寄った際、
100円コーナーで見付けて面白そうなので購入。

これは凄い!とあえて言う内容はなく、
今まであちこちで言われていることの総集編という感じですが、
なかなか面白かったです。

脳にいいことだけをやりなさい

以下、ポイントを幾つかまとめます。

いつも幸せそうな人、いつも何となく不幸な人、
脳の中にある幸せ度は、いつでも変えられます。
設定は自分次第!

心臓が直径10cmの電磁場を作り出していて、
それは脳が作り出す電磁場の5千倍強力である。

感情はおおまかに「愛」「恐怖」に分かれます。
その感情が、心臓、心拍リズムにも影響を与えます。

わけもなく幸せな人々は、
1日のうちに何度も感謝の気持ちを意識します。

幸せだから感謝するのではありません。
感謝するから幸せなのです。

幸せを感じている人は、風邪をひく割合が35%少なく、
インフルエンザの抗体が50%も多く作られます。

特にガン患者はその違いが著しく、
ガンにかかってもユーモアを失わなかった人は、
そうでない人より早期死亡率が70%も少なかった
調査結果があります。

睡眠の話、食べ物の話、呼吸の話、
中国の「気」、インド「プラナ」の話、
瞑想の話など、深くないですが幅広く書かれています。

昔から成功者は「降伏」が一番の得策であると認識していました。
ここで言う降伏とは、自分の限界を知り、
自分よりもっと大きな力に身を委ねることを意味しています。

大いなる力を信じて身を任せることは、
安心感と自由を私達にもたらし、
「受け入れる心」と呼んでいるものを生み出します。

「受け入れる心」とは、
起こったことに対して「イヤだ!」と抵抗する代わりに、
「はい、どうぞ」と全てを招き入れる気持ちのこと。

「受け入れる心」を持つことは、空中ブランコのようなもので、
一旦自分の枠を取り払い、
ブランコが必ずやってくることを信じて手を離すと、
そこにはスムーズな流れが生まれます。

「あなたの人生の意味」は何だと思いますか?
人生の意味とは特定の仕事ではなく、
「大きな目的」の中にあります。

幸福感を生み出す一番の要素は、
「人生に意味を見出して、
長いスパンの目的を持ち、それを楽しむこと」です。

時が止まっているように感じられたり、
実際には何時間も経っているのにほんの一瞬に感じられたりして、
完全に集中している精神状態を生み出す活動は何でしょうか。

レビュー欄は賛否両論ありますが。。。
興味あれば、どうぞ。

もっと「脳にいいこと」だけをやりなさい!確実に自分を変えていく法 (知的生きかた文庫)
マーシー シャイモフ
三笠書房
売り上げランキング: 168,587

コメントを残す