幸せを感じるためには


幸せは感情であり、感情が満たされれば幸せと感じると書きました。

では、どのようにしたら、感情が満たされるのでしょうか?
どこに視点を置くかが、重要です。

斎藤一人さんのメッセージを借りると、

朝、目を覚まして、心臓が動いていて、呼吸をしている、
これだけで幸せなはず。

世の中には、朝起きてこない人も沢山いる訳で、
今日も無事に生きているということに感謝すれば、
生きているだけで幸せになってくる。

当たり前と思ってしまえば、それまでですが、
どこに視点を置くかにより、
自分自身への受け取り方が大きく変わります。

そして、もう一つ大事なこと。

目の前に幸せな出来事が起こり、
その結果、自分が幸せな感情になるのではない。

いつも、自分自身が幸せな感情でいるから、
自然と自分の周りに幸せな出来事が起こってくる。

これ言い換えたら、引き寄せの法則と同じ考えです。

普通に考えても、
いつもイライラしてて、愚痴ばっかり言っているような人には、
近づきたくないですし、話もしたくないですよね。

逆に、何だかわからないけど、
いつも幸せそうに、楽しそうにしている人がいたら、
自然と寄って行って、一緒に楽しみたくなりますよね。

これは考え方の基本だと思います。

生きているということに対して、素直に感謝し、
いつも幸せな気分でいられれば、
自然と身の回りにも幸せな出来事が起こります。。。

自分次第ということですね。

幸せを感じるためには

[幸せなこと] ブログ村キーワード

コメントを残す