あの人、最近

人間として社会で生活していく上で、
一人では生きていけませんから、
どうしても他人のことは気になるところです。

「あの人、最近どう思う?」
と思ったりすることもあるかもしれません。

しかし、どう思う?と思うこと自体、実は問題です。

その人を批判しているのと同じ意味合いになります。

過去記事「意味付けしているのは」でも書いていますが、
その人は単に存在しているだけです。

その人をどう思うかは、見る側の問題です。

「あの人、最近、以前と変わったから直してあげなきゃ。」
なんて考えたら、それは大きなお世話です。

自分の常識枠に、その人を押し込もうとしています。
他人を変えようとしていることと同じです。

その人は、自分が正しいと思って行動している訳ですから、
それを批判するべきではないでしょう。

まさにこの過去記事「正義の争い」と同じことになります。

結局、もめるだけでしょう。
自分の常識は、あくまでもマイルールです。

正しい、悪いの判断は無く、
違う価値観が存在していることを認めることが重要です。

[正義] ブログ村キーワード

あの人最近

人の価値観

以前、とある所へ出かけた際、
「写真を撮ってもらえますか」とお願いされました。

「はい、いいですよ」と返事をし、
ふと見たら若いカップルでした。

言われた通り、カップルの写真を撮ってあげました。

しかしこのカップル、
男性の身長が女性の肩よりちょっと出たくらいの身長差。

どうみても誤差範囲ではなく、頭1つ分くらい女性の方が高い。

夜で人も多く、
女性が高いヒールの靴を履いていたのかまで
は確認出来ませんでしたが、
それにしても女性の方が大きいのは確実。

さて、あなたはいかがでしょうか?

男性の方が背が高いのが当たり前という
価値観、観念を持っていませんか?

誰が決めた訳でもないのに、不思議ですね。

身の回りには何の決まりもない、
こういった思い込みの価値観が溢れています。
再確認してみましょう。

[観念] ブログ村キーワード

人の価値観

正義の争い

一般的に争いは正義と悪の戦いと考えられています。

自分が正しくて、相手が悪い、だから悪を倒すという考えです。

しかし反対の立場で考えてみると、戦っている相手も同じく、
自分が正しく悪を倒そうと思っています。

つまり、お互いに自分が正しいという、
正義対正義で争っていることになります。

物事には必ず二元性があり、セットで存在しています。

表があれば裏があり、正義があれば悪があり、
これもセットで扱わないといけません。

悪だけを倒そうと思い、相手を倒そうと戦っていますが、
実は正義対正義の戦いであるため、
悪を倒すという発想はお互いに間違っていることになります。

これでは何の解決にもなりません。

この争いを解決するためには、
相手の価値観が違うことを理解し、
相手を受け入れる姿勢が必要です。

正しい、悪いの判断は無く、
違う価値観が存在していることを認めることが重要です。

[争い] ブログ村キーワード

正義の争い