タクシードライバー

以前のセミナーでタクシードライバーの人が言っていました。

自分がタクシードライバーとなった時、
先輩から言われたこと。。。、それは、

自分の今の感情に合った人が、お客として乗ってくる。

自分がイライラしていたら、イライラしているお客が乗ってくるし、
自分が焦っていたら、焦っているお客が乗ってくる。

そして、自分が実際にタクシードライバーとして業務をしてみると、
本当にその通りであった。

だから自分は、いつも笑って楽しくしていようと心掛けている。

これは、引き寄せの法則、鏡の法則とも言えるでしょう。

大事なのは、頭で考える思考ではなく、肚の中の感情です。

周りに起こる出来事はあなたが引き寄せています。

言い換えると、目の前に起こる出来事を、
あなたはどのように受け取るのか?

肚ですよ、お忘れなく。

タクシードライバー

全ては自分

目の前に起こる出来事は何も意味がなく、自分の受け取り方の問題である。

相手が変わっても同じような出来事が起こる場合は、自分が原因である。

ということを書いて来ました。

つまり、自分周りに起こる出来事は、全て自分が創り出しているということになります。

引き寄せの法則で言われている通り、自分が出来事を引き寄せているのと同じです。

自分がネガティブな感情を捨て、
波動を上げていけば自然と良い出来事が起こるようになります。

「自分のハートは庭」でも書きましたが、ネガティブな種は小さいうちに摘む。

湧き起こってくる感情は、誰のものでもなく自分のものです。

自分で今まで封印していたものが出て来たのです。

感情を無かったことにしてはいけません。

そして、感情から逃げてはいけません。

例えば、孤独感が湧いてきて寂しいと思った時、
友達を誘ってカラオケへ行って寂しさを紛らわせてはいけないのです。

怒りの感情が湧き上がった時、怒りをそのまま相手にぶつけてはいけないのです。

その感情を無視したり、相手のせいにしたりしてはいけません。

感情は自分の中から出て来たものです。

しっかりと感じて味わう必要があります。

孤独感で寂しい時は、あえて1人になり、その寂しい感情をたっぷり味わいます。

怒りの感情も同様に、自分1人で味わうのです。

続きます。

全ては自分

[孤独感] ブログ村キーワード

幸せを感じるためには

幸せは感情であり、感情が満たされれば幸せと感じると書きました。

では、どのようにしたら、感情が満たされるのでしょうか?
どこに視点を置くかが、重要です。

斎藤一人さんのメッセージを借りると、

朝、目を覚まして、心臓が動いていて、呼吸をしている、
これだけで幸せなはず。

世の中には、朝起きてこない人も沢山いる訳で、
今日も無事に生きているということに感謝すれば、
生きているだけで幸せになってくる。

当たり前と思ってしまえば、それまでですが、
どこに視点を置くかにより、
自分自身への受け取り方が大きく変わります。

そして、もう一つ大事なこと。

目の前に幸せな出来事が起こり、
その結果、自分が幸せな感情になるのではない。

いつも、自分自身が幸せな感情でいるから、
自然と自分の周りに幸せな出来事が起こってくる。

これ言い換えたら、引き寄せの法則と同じ考えです。

普通に考えても、
いつもイライラしてて、愚痴ばっかり言っているような人には、
近づきたくないですし、話もしたくないですよね。

逆に、何だかわからないけど、
いつも幸せそうに、楽しそうにしている人がいたら、
自然と寄って行って、一緒に楽しみたくなりますよね。

これは考え方の基本だと思います。

生きているということに対して、素直に感謝し、
いつも幸せな気分でいられれば、
自然と身の回りにも幸せな出来事が起こります。。。

自分次第ということですね。

幸せを感じるためには

[幸せなこと] ブログ村キーワード