健康第一

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」
という言葉はご存知だと思います。

身体が健康であれば、これに伴い精神も健全である、
全ては身体がもとである、
という意味ですね。

よくありがちな、
精神・マインドを鍛える、
ポジティブシンキングなどの思考をよくする、
など色々と手法が公開されています。

しかし、マインドや思考を鍛えても
身体が健康でなければ全く意味がありません。

仮に大金を手にしたとしても
健康でなければ無意味です。

現在のあなたは健康と言えますか?

改めて自分自身の身体について見直してみましょう。

健康第一

不安なときは

不安や心配などのネガティブな感情が湧いているとき、
どのように解消するのがよいでしょうか。

不安や心配というのは、思考から来ているものです。

明日、こうなったら怒られるかな、心配だなー、
これやるけど、上手く行くかな、不安だなー、
という感じでしょうか。

まず、不安などのネガティブ感情が自分の中で
湧き上がっていることはしっかりと感じで下さい。

感情を無視してはいけません。

いずれにせよ、これらのネガティブ感情は、
これから起こる未来の出来事に対して、
自己防衛のために思考が考えだしていることです。

解消するには、思考を止めるのが一番なのですが、
人間は思考を止めることが出来ません。

しかし次の方法であれば、思考が止まると思います。

1つ目は、寝る。

人間、寝ている間は思考を働かせることが出来ません。

不安や心配、悩み事などある場合は、
何も考えず、目一杯寝てみましょう。

寝溜めするくらい充分寝たら、
ネガティブ感情は無くなっているのではないでしょうか。

2つ目は、運動です。

軽い単純な運動ではありません。

思考を止めるくらいですから、
心臓の鼓動がドクドクと激しくなり、
タップリと汗をかくくらいの運動をして下さい。

テニスやサッカーなどスポーツであれば、
プレイすることに集中しますから、
余分な思考は止まります。

日頃、運動不足の人は無理しないで下さい。

軽いジョギングとか、単なるジャンブでも、
心臓の鼓動がドクドクとなったら、
思考は飛んでいるはずです。

こんな感じでネガティブ感情は飛ばしましょう。

不安なときは

流れに任せて

最近、極力思考を働かせず、
目の前の出来事に素直に従うようにしています。

例えば、先日の出来事、

移動中にちょっと小休止しようと思い
喫茶店を探していました。

すると、すぐ目の前に現れたのは、
ファーストキッチン。

ガラス張りなので、
店内を眺めてみると空席があることを確認。

お店に入ろうと思い、自動ドアの前に立つと、
あれ、自動ドアが開かない。。。?

最近は、自動ドアにタッチしないと開かないものもあるので、
そのタイプかなと思い、
扉 中央付近の色が付いているあたりを触ってみるも、
全く開く気配なし。

センサーの認識が悪いのかなと思い、
自動ドアの前で体を動かすが開く気配なし。

はたから見たら、
怪しいオジサンに見えていたことであろう。

しかし、自動ドアは開かず。

ここは今オススメではないんだと判断し、
別のお店を探すことにした。

通りをそのまま進んでいくと、タリーズを発見。

明らかにこちらの方が雰囲気が良い。
勿論、コーヒーの値段も高いが。

店内に入ると、ガラガラという感じで空いている。

そして2階に上がると、
ゆったりと座れるソファーも空いている。

ということで、
目先のファーストキッチンに囚われず、
流れに任せて先へ行ったことにより、
心地よい落ち着いた音楽を聴きながら、
ソファーにゆったり座って、
休憩することが出来ました。

現代社会のシステムの中で生きていると、
どうしても思考中心の生活になります。

xxしなければならないという
思考中心の行動をしていると辛いことが多いと思います。

が、自分の感情や想いに沿って
流れに任せてみることをオススメします。

流れに任せて