旅をさせよ

かわいい子には旅をさせよ
という諺がありますが、
お金も同じだと思います。

多くの人は、お金を増やすことは、
無駄遣いせず、銀行にしっかりと貯める
という考えを持っているのではないでしょうか。

高度成長期の時代であれば、金利が5%以上あったため
銀行預金でもお金が増えて行きましたが、
現在の低金利状態では、銀行にお金を預けておいても
全然増えていきません。

ということは、銀行に預けるお金は、
投資として使っていくのが賢明だと思います。

お金にも旅をさせよ
有効な投資を行い、お金自身に稼いでもらうことが大切です。

少ない金額でも、地道に投資を実践していけば、
少しずつでも資産は増えていくでしょうし、
何よりも貴重な経験が出来ます。

最初は失敗するかもしれませんが、
失敗も成功も含めて、
経験はとても重要だと思います。

まずは実践ですね!

旅をさせよ

リスクはつきもの

ここのところ、
投資関係についての記事を書いてきましたが、
何をするにおいても必ずリスクが伴います。

今どき、銀行にお金を預けておいても、
銀行が破綻してしまえば全財産が戻ってくる保証はありません。

この世の中で100%のものなどありません。

100%を待っていたら、一切何も出来なくなります。

ある意味、見切り発車しないと、動けません。

リスクは付きものです。

そして、リスクを踏まえて行動する必要があります。

何が起きても他人のせいにしてはいけません。

自分で判断し、自分で行動した訳です。
すべては自分の責任です。

自分の責任で楽しみましょう!

リスクはつきもの

最終目標は

前記事「どれがいいの?」で
投資と言っても沢山の種類があることを書きました。

しかし、ここで大事なことを忘れてはいけません。

最終目標です。
自分は、最終的にどうなりたいのか?

この最終目標を忘れてしまうと、
目先の出来事で迷走してしまいます。

投資と言っても、
不動産、株式、証券、信託、FX、先物取引。。。
いろいろな種類がありますが、
これらは全て手段(ツール)の1つでしかありません。

やりたいことは、資産を増やすこと、
そして、最終目標は不労所得で生きていくこと、

ではないでしょうか。

だとしたら、直接的な労働をせず資産を増やしてくれるような、
金利収入、権利収入、家賃収入などを
選んでいく必要があります。

例えば、FXのデイトレード、
毎日為替レートをチェックしながら処理しなければいけません。
私には絶対的に合いませんね。

目先に囚われず、最終目標目指して進んでいきましょう。

最終目標は