あの人、どうする

前の記事で「あの人、最近」を書きましたが、

では、最近気になるあの人は、
どうすればいいのでしょうか?

気になるという考えは自分の常識の範囲が絡んでいますが、
そのまま放っておいて良いのでしょうか?

大事なのは、その人の意図だと思います。

どのような意図で、その行動をしているのか?

お金目的の私利私欲のため、
自分の威厳を保つプライドのため、
本当に相手のことを思っているため、
などなど。。。

どのような意図で、どういう目的で、その行動をしているのか?
を確認することだと思います。

意図が何かズレているようであれば、
本当にその意図で問題がないのか、
改めて本人に考えてもらうのがよいでしょう。

あとはもう、その人の判断に任せるしかありません。

正しい、悪いは誰にも判断出来ません。

[目的] ブログ村キーワード

あの人どうする

何故

例えば会社などで何か問題が発生した時、
「何故こんなことをしたんだ?」
問われるシーンがあるかと思います。

一般的には、どうしてこのようなことをしたのか、
その原因を探ろうとします。

原因が判明すれば、その後の対策が取れるとは思いますが。

しかし、本当に大切なのは、
どういう目的で、どのような意図で、このようなことをしたのか、
という、本来の目的を確認することが大切です。

お客様のことを最優先に考え実施したが、
その結果が上手く行かなかったという状況であれば、
単純に叱れないですね。

言葉で書くと、同じ「何故?」となりますが、
原因追求するのと、
意図を確認するのとでは大きな違いがあります。

物事をスムーズに進めていくには、意図が重要です。
常に意図を持って行動しているか、確認してみましょう。

[意図] ブログ村キーワード

何故

その意図は?

過去記事「認められない?」の続きです。
「自分のことを、誰も認めてくれるはずがない」という考を持てば、
とりあえずストレスが減ることを書きました。

しかし、誰も自分を認めてくれないのであれば、
やっても、やらなくても同じであり、
それなら何もやらないという開き直り状態を作りだしてしまう可能性が考えられます。

ここで重要なことは、「何のためにやっているのか?」ということです。

あなたは何故、それをやっているのでしょうか?
その意図は何ですか?

意図、目的がハッキリすると、やっている内容が明確になり、
非常にスッキリします。

何か出来事が起きても、話が論理的にスムーズに進んでいきます。

例えば、「あなたは何故、会社へ行くのでしょうか?」と、
会社へ行く意図を確認します。

会社の仕事をして、生活に必要なお金を稼ぐために会社へ行きます。
これは会社へ行く明確な目的ですね。

たぶん一番回答が多い、一般的な内容だと思われます。

この会社へ行く意図が明確にわかっていれば、
仮に、上司から自分が認められなくても何も問題はないはずです。

何故なら、会社へはお金を稼ぐために行っているのであって、
上司に認められるために行っている訳ではありません。

仕事をしてお金を稼げれば本来の目的を達成しているので、
上司に認められなくても問題はないはずです。

仕事が辛いと感じても、
生活のためにお金を稼ぐためという目的が
ハッキリしていれば頑張れるはずです。

上司から文句や愚痴を言われたとしても、
人それぞれ価値観が違うからと十分スルー出来ると思います。

お金を稼ぐために会社へ行くが、
さらに仕事で上司にも認めてもらいたい、
何も問題が発生せず仕事をこなしたいなどと、
要求が広がり、本来の会社へ行く目的がぼやけてしまい、
意味もなくストレスが発生しています。

仕事の大変さと、いただけるお金の金額の比率は、
自分なりに妥当であるか考える必要はあるかもしれませんが、
意図がハッキリすれば、物事の考え方、展開が非常にスッキリし納得出来ます。

今回は、仕事で例えましたが、これは何事においても同じです。
「あなたは何のためにそれをしているのか?」
という意図を明確にすることです。

「正しい悪いはない」の記事に続きます。

[目的] ブログ村キーワード

その意図は

[PR]
10年で1億円の海外資産を作る道しるべとなる情報
GIA公式メルマガ