言葉に出来ない

世の中には、言葉に出来ないものが
色々あると思います。

その中の1つが感覚。

例えば、洋服。

単に服を着るという機能面で考えれば、
ある意味何でも問題ないと言えます。

しかし、こだわりがあると思います。

それはブランドとかの表向きの話ではなく、
生地の肌触りや、着心地。

肌触りがいい、悪い、
着心地がいい、悪い
というような表現はありますが、

実際どうなの? と問われると、
その感覚を言葉で表現することは
とても難しいものです。

車の運転でも、加速感、ハンドリング、
アクセル・ブレーキの踏み具合、
ショックとバネの足回りの感覚、
シートの座り心地、表面の感触、
無限大というくらいの項目があります。

言葉という情報を伝えるツールがあるものの、
現実には、言葉だけではとても伝えきれません。

この「感覚」は大事にしたいですね。

[感覚を感じる] ブログ村キーワード

言葉に出来ない

一致していますか?

過去記事「全ては自分の責任」の続きです。
現在の自分の状況は、全て自分が選び行動した結果であり、
自分の責任です。
他人のせいではありません、ということを書きました。

自分の目の前の映像は、全て自分で創り出している
と言われますが、
目の前に多々発生する出来事を見ていると、
どうしても自分自身で起こしていると納得出来ない人も
いるのではないでしょうか。

物事が上手く運ぶ時と、問題が起きる時と何が違うのでしょうか?

日々の生活の中で、自分の考えていること、言っていること、
行動が一致していますか?
さらには感情までも合っていますか?

普通に生活している中では、そこまで考えて行動していないですよね。

とは言うものの、
楽しみながらやっているはずなのに、何故か嫌な感情が湧いてくるとか、
人の役に立ちたいと思って行動しているが、実は嫌々やっているとか、
わかった、そのように変えると言いながら、
以前と同じことを繰り返しているとか、

普段気付いてなくても、よく考えてみると、
このように一致していないことありませんか。

自分の思考、言葉、行動、感情が一致していれば、
物事はスムーズに進んでいくと思います。

言っていることと、やっていることが違う人って、
身近にいませんか?

実は多いような気がします。

不思議なもので、対面している人、
接している人には何故かわかってしまいます。

この人は、本当に心の底から楽しんでいるのか、
本当に他人のことを思っているのか。

言葉では説明がつかない、無意識の世界の感覚的なものだと思います。

何となく感じる、いい感じとか、悪い感じとか、そんなものです。
その第六感的な、不思議な感覚が、割合当たります。

まずは深く考えずに、
自分自身の思考、言葉、行動、感情が一致しているかどうか、
改めて確認してみましょう。

[思考] ブログ村キーワード

一致していますか?

脳科学マーケティング 100の心理技術

言葉の使い方

脳の無意識(潜在意識)は、「判断」をしません。

謙遜であろうが、事実であろうが、それを言葉にすると無意識は、
「判断」しないで、それを「肯定」してしまいます。

つまり、

「私は、お金がないものですから」
「全然、モテませんよ」
「頭が良くないんですよ、私」

というように謙遜の言葉を言うと、無意識は、
それを事実として受け止め、その言葉が現実になってしまいます。

ですので、「望まない謙遜の言葉」は、使ってはいけません。

今日一日、他人に褒められた際に、謙遜の言葉を言おうとしたら、

「おかげ様で」
「ありがたいですよね」

と、肯定的な表現を使いましょう。

そうすれば、ネガティブなことが起こる確率が大きく減ります。

応用編として、否定形の文章も同じです。

「彼女(彼氏)と別れたくない」
「病気になりたくない」
「貧乏にだけはなりたくない」

このような否定形の言葉を使っていると、無意識は最後の「ない」を判断せず、
否定しない内容を受け取ります。

実現させたいことだけを言葉にするように気を付けましょう。

言葉の使い方

[潜在意識] ブログ村キーワード

「アンソニー・ロビンズ」初来日記念出版! 予約受付中。

角川フォレスタ  一瞬で自分を変える言葉  アンソニー・ロビンズ名言集
清水 康一朗
角川学芸出版
売り上げランキング: 8

ホ・オポノポノ 誰もがし幸せになれるハワイの叡智 (TJMOOK)
イハレアカラ・ヒューレン カマイリ・ラファエロヴィッチ
宝島社 (2013-11-28)
売り上げランキング: 126